法律相談で早期解決。メール・電話無料法律相談全国対応!慰謝料・金銭トラブル等様々な法律相談受付中!

無料法律相談 無料法律相談所(井樋行政書士事務所)

TOP無料法律相談自己紹介知恵袋


無料法律相談所>法定相続

無料法律相談実施中!

遺産相続、遺言(業務案内)会社設立・起業(業務案内)内容証明郵便(業務案内)各種営業許可申請(料金体系)遺産相続、遺言(料金体系)会社設立・起業(料金体系)内容証明郵便・クーリングオフ(料金体系)

知恵袋>勝つ内容証明郵便活用術>相続の基本〜法定相続分〜について

相続の基本〜法定相続分〜について

 法定相続分は相続の基本です。配偶者と子が相続人になる場合は配偶者1/2、子1/2の割合で相続します。子が死亡して孫もいない場合は配偶者と親が相続します。そして、、配偶者2/3、親1/3の割合で相続します。親が相続人にならない場合は兄弟姉妹と配偶者が相続します。そして、配偶者3/4、兄弟姉妹1/4の割合で相続します。

・配偶者と子が相続人になる場合

配偶者1/2 子1/2

・配偶者と親が相続人になる場合

配偶者2/3 親1/3

・配偶者と兄弟姉妹が相続人になる場合

配偶者3/4 兄弟姉妹1/4

 わかりやすい具体例を挙げます。たとえばA(父)、B(母)、C(本人)、D(本人の配偶者)、E(本人の子)、F(Cの兄)とします。

  

 ここでCの財産が1200万だとします。

@Cが死亡した場合
 配偶者と子が相続人となるため、相続人はD(配偶者)とE(子)になります。そして、D=600万、E=600万相続することになります。

ACが死亡する以前にEが死亡していた場合
 子が相続人にならないため第二順位である親が相続人となります。つまり、相続人はD(配偶者)、A(父)、B(母)になります。そして、D=800万、A=200万、B=200万相続することになります。

BCが死亡する以前にE、A、Bが死亡していた場合
 子も親も相続人にならないため第三順位である兄弟姉妹が相続人となります。つまり、相続人はD(配偶者)、F(兄)になります。そして、D=900万、F=300万相続することになります。 

離婚慰謝料法律相談/契約書法律相談/クーリングオフ法律相談/借金法律相談
著作権法律相談/会社設立法律相談/交通事故法律相談/ワンクリック詐欺法律相談
内容証明法律相談/遺言法律相談/相続法律相談/恋愛法律相談
@遺産相続法律相談/A遺産相続法律相談/B遺産相続法律相談/C遺産相続法律相談
D遺産相続法律相談/E遺産相続法律相談/F遺産相続法律相談

当事務所運営サイト
無料法律相談所
離婚相談所(佐賀県/福岡県)
交通事故慰謝料相談所(佐賀県/福岡県)
クーリングオフ相談所(佐賀県/福岡県)
遺言・遺産相続相談所(佐賀県/福岡県)
会社設立代行相談所(佐賀県/福岡県)
契約書相談所(佐賀県/福岡県)
建設業許可申請(佐賀県/福岡県)
ビザ申請・就労ビザ(佐賀県/福岡県)
産業廃棄物収集運搬業許可(佐賀県/福岡県)
車庫証明(佐賀県/福岡県)


無料法律相談所>法定相続

無料法律相談

電話・メール無料相談日本全国対応!!!
無料法律相談所 (井樋行政書士事務所)
日本行政書士会連合会登録
行政書士 井樋 芳喜
住所:佐賀県鳥栖市本鳥栖町302-28 1305



Copyright(c)2005-2016 Yoshiki Ibi . All copyright reserved